だけのノリ

make some noise

ジャニヲタ的双眼鏡カタログー8倍編

こんにちは。すずきです。
みなさーーん!双眼鏡買いましたかーーーー?

前回双眼鏡の選び方やスペックの見方・意味とかのブログをかきました!


ネットの情報鵜呑みにすんなよ!とか言いつつも
今回は独断と偏見でジャニヲタ的双眼鏡カタログをまとめたので

良かったら参考にしてみてネ!*1

双眼鏡における松竹梅


ジャニヲタ界隈で双眼鏡には松竹梅のランクがつけられることがある。
一般的に松が防振双眼鏡、竹が防振ではないけど良い双眼鏡、梅が一般の双眼鏡
12倍以上になれば手振れが起きやすくて防振は必須れべるで松ランクが防振となるのは
間違いないけれども果たしてその下の倍率になってくるとどうでしょうー?

確かに防振は素晴らしい物で、手振れが酷い人にとっては神の道具であるのは言わずもがな
けれど8倍はジャニヲタがコンサートで使う双眼鏡の倍率としては最低ラインの倍率であり
言うほどの重たさもなければ12倍、14倍ほど倍率における手振れもかなり少ない。
と言うことで今回のブログでは防振だから松!防振じゃないから竹!というような
ランク付けでなく
単純な倍率や明るさ性能を比較して値段ごとで選んでいきます。

前提
ノンブランドの物は紹介ナシ。
ノンブランドの物は使っているレンズやプリズムの品質があまりよくなく
耐久性に乏しい、光の反射で見えない、初期不良が多いため。
そのため光学メーカーメインでの紹介となります。
松竹梅のクラス分けの時に松は3万程度~としているサイトもありますが
鳥や星の観賞用でなくあくまでジャニーズの現場想定なのと
8倍クラスは一番出回っているスタンダードな物で価格が低めに設定されているので
梅→1万まで 竹→2万まで 松→2万から
と言った感じで区分けしていきます。


×8倍双眼鏡カタログ


アリーナクラス・ホールクラス向け。舞台現場メインであれば8倍で十分満足できる。
参戦スタンスにもよるけどドームの場合アリーナ後方あたりまでなら問題なさそう
スタンド中腹より上、天井だとかなりキツい。(あくまで個人的な意見)
メリットは赤デメリットは青で表記

 

×8倍梅ランク(5000円~1万円)

オリンパス 双眼鏡 8X21 DPC I

OLYMPUS 双眼鏡 8X21 DPC I
倍率:8倍
見かけ視界:51.2
明るさ:6.9
重さ:170g
現在価格:3500~4000円
安いのに明るさはおよそ7確保可能
お値段も手に取りやすくOLYMPUSと安心できるメーカー。
なにより驚くほど軽いので子供でも持てる。羽か???

ビクセン アリーナHシリーズ アリーナH8×21

ビクセン(Vixen) 双眼鏡 アリーナHシリーズ アリーナH8×21WP ブルー 13505-9

倍率:8倍
見かけ視界:47.5
明るさ:6.3
重さ:210g
現在価格:5500円~6000円前後
正直性能として特出したところはない普通の双眼鏡どまりですが
紫、黄色、桃、黄緑、水色と他社にはないカラーバリエーションの数々
オタクってメンカラを身に着けるとテンションが突然上がる生き物なので
そういう別の性能としてはとても優秀なのでは…?
水色黄緑…。*2


ビクセン 双眼鏡 アリーナMシリーズ アリーナM8×25

ビクセン(Vixen) 双眼鏡 アリーナMシリーズ アリーナM8×25 1347-00

倍率:8倍
見かけ視界:50.4
明るさ:9.6
重さ:340g
現在価格:7000円前後
明るさもある程度確保できて、重さもそこまでではない。
そして1万でおつりがくる。普通に優秀。若干視野が狭い印象。
ヅカオタ時代に使ってたけど担当だけ追うには十分すぎる。
ただ思ったより大きい。梅価格帯のMr.平均値


×8倍竹ランク(1万円~2万円)

ニコン プロスタッフ 5 8x42

Nikon 双眼鏡 プロスタッフ 5 8x42 ダハプリズム 8倍42口径 PS58X42

倍率:8倍
見かけ視界:47.5°
明るさ:28.1
重さ:630g
現在価格:1万4500円~1万5000円弱
1万5000円でとんでもない明るさが手に入る
マジでこの
HIKARIって感じ*3
明るさ25以上はコンサートで覗くとほんとにびっくりする。舞台だと暗転見える最強卍
ただ引くほどに重たい。大体少年ジャンプ一冊と同じ重たさ。

ニコン プロスタッフ 7S 8x30

Nikon 双眼鏡 プロスタッフ 7S 8x30 ダハプリズム式 8倍30口径 PS7S8X30

倍率:8倍
見かけ視界:48.9°
明るさ:14.1
重さ:415g
現在価格:1万5000円~1万6000円弱
明るさ14確保でペットボルよりも軽い410g
オタク御用達ビクセンのアトレックIIHR8×32が2万弱で明るさ16
5000円で明るさ2しか変わらないならこっちで問題ないのでは…?と思ってる
竹価格帯で、軽さ明るさ値段で全部取りたいって言われたらこれを勧める。
竹価格帯の何でもできる男

ビクセン&コールマン コールマンシリーズ HR8×42

Vixen&Coleman 双眼鏡 コールマンシリーズ コールマンHR8×42WP 14567-6

倍率:8倍
見かけ視界:53.4°
明るさ:28.1
重さ:640g
現在価格:1万9000円~2万弱
2万以内でとんでもない明るさが手に入る。
明るさ25以上はコンサートで覗くとほんとにびっくりする。
ただ引くほどに重たい。大体少年ジャンプ一冊と同じ重たさ。
噂によると若干逆光に弱いらしい。前述のプロ5より視界が広い!


×8倍松ランク(2万円~)

 キャノン 8×25 IS 防振双眼鏡

Canon 双眼鏡 8×25IS  ポロII型プリズム 8倍25口径 防振双眼最小・最軽量 8×25 IS

倍率:8倍
見かけ視界:49.5°
明るさ:9.61(公式記載なし大型電気店より)
重さ:490g
現在価格:2万8000円~3万弱
みんな大好き防振。値段が発売当時よりかなり落ちて3万あれば手に入る。
とにかくブレない。ぬるっと動く。萌えブレしても大丈夫。
難点は使用電池がCR123Aという特別な規格の電池のため運用コストがかかる。
電池はアマゾン調べで1本単価およそ400円弱。

ニコン モナーク5 8x42

Nikon 双眼鏡 モナーク5 8x42 ダハプリズム式 8倍42口径 MONA58X42

 

倍率:8倍
見かけ視界:47.5°
明るさ:28.1
重さ:590g
現在価格:2万6000円~2万8000円程度
爆明るい。世界が変わる。明るさ28.1はマジでヤバイ。
そしてモナークシリーズの特色として特殊な多膜コーティングと
特殊なガラスを使っているので解像度がおかしい。これが4K画質。
ただクソ重い上に、バカデカい。


以上が独断と偏見に基づいた2019.4月現在のジャニヲタ向け×8倍双眼鏡カタログです。
ニコンの双眼鏡ってあんまり使ってる人見なくて知ってもらいたいな的なカタログでもありました。
松クラスになるとかなり高いけど竹クラスのニコンは明るくて鮮明で
なにより安いのでよかったら見て見てね!流石光学メーカー。あとゆうとくんも使ってる(カメラを)。
4月の末頃から自担が2人同時期に舞台をすることになりまして…。
二人とも主役だし…ゆうとくんは初主演だし…倍率ひくい双眼鏡ほしい…ということで
メモ的なまとめでした。あとみんな買う時はちゃんと覗いてから買ってね!

最後に自担のマーケティングで締めます。
2019年4月26日から舞台『ピカソアインシュタイン~星降る夜の奇跡~』に岡本健一さん
2019年4月28日から舞台『WILD』に中島裕翔くんが出演されますので!
みなさん!よかったら!見に来てください!!ゆうとくんがんばれ!!



*1:鬼風斬雲雀ちゃん。ISLANDTVかわいいから見てほしい

*2:Mr.Flawless~!

*3:この星に溢れてる 光り集めて 君を照らしてゆく Forever~!!